さっぱり食べられる!cooのキャロットラペの作り方

こんにちは。cooスタッフのまさこです。

ご好評をいただいているcooのレシピ公開企画、たくさんの方に見てもらえているようで嬉しく思っています。ありがとうございます!

さて、今回はcooのカラフルなサラダの中で、シャキシャキとした食感が楽しいキャロットラペ。メインやサラダにそっと添えるだけでオシャレな雰囲気にしてくれるので、作り置きしておくのがオススメ。

cooのキャロットラペは、甘いラペが苦手な方にもオススメのさっぱりとした塩味。工程も少なく簡単なので、是非作ってみてくださいね。

キャロットラペの他にもランチのセットメニューとして出している付け合わせのサラダレシピを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

キャロットラペの材料

キャロットラペの材料

  • にんじん 3本
  • レモン汁  大さじ2
  • 太白胡麻油 大さじ3
  • いりごま(白) 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 黒こしょう 少々

ご家庭に太白胡麻油がない方は、普通の胡麻油でもOKです。

オリーブオイルなら、香り豊かな味わいになります。

ホールの黒胡椒をお持ちの方は、ミルで挽きたてのこしょうを使うとにんじんの香りがより引き立ちます。

キャロットラペの作り方

にんじんをひたすら千切り

にんじんをよく洗い、水気をしっかり取って皮を剥きましょう。3cm幅ほどの千切りにしてボウルに入れておきます。

千切りは細い方が食感が柔らかく、味が染みやすくなります。太い方がシャキシャキが残るので、お好みで。

調味料で和えたら完成!

上記の調味料をにんじんのボウルに入れ、混ぜていきましょう。漬かりが浅いときはシャキシャキと、しっかりと浸かってくるとしっとりとした食感になるので、お好みのタイミングで召し上がってみてください。

たくさん作って作り置きするのがオススメ!シャキシャキとしっとり、両方味わえますよ。

キャロットラペ作り置きアレンジ

ちょっぴりデリ風!アレンジラペ

少し甘みをプラスして変化を楽しんでみましょう。レーズンとスライスアーモンドを混ぜ、ほんの少しのオレンジジュースとクミンを少々。一気に華やかになったデリ風キャロットラペは、白ワインのおつまみにピッタリなレシピです。

キャロットラペで断面映えサンド

たっぷりのキャロットラペを薄切りのパンに挟んで…。さっぱりしたラペに合わせて、ツナとチェダーチーズや、レタスとハムの組み合わせがおすすめです。水分が出やすいので、キッチンペーパーなどで軽く水気を絞ってから入れると良いでしょう。切った時の断面が綺麗な映えサンドの完成です。

おわりに

今回は、cooのサラダの一員であるキャロットラペをご紹介しました。作ったキャロットラペは、冷蔵庫で1週間ほど保存がききます。

忙しい夕飯の時間や、バタバタする朝の時間に、一品あると嬉しい作り置きメニュー。簡単でオシャレな上に、にんじんを生で食べることで、火を通すと壊れてしまう栄養素がたっぷりと摂れるのも嬉しいですね。


にんじんがお買い得だった日に、週末のお時間がある時に、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

内田昌子

内田昌子

相模原生まれ、相模原育ち。

常連客として通っていたcooで拾ってもらい、スタッフになりました。
おいしいものを食べること、おいしいものを作ることが趣味。

2児の母であり、日々のストレス解消に、大好きな音楽を聴きながら小麦粉を捏ねています。

実は管理栄養士