ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方

どうも!cooのまさこです!

今回のカフェレシピは、cooのマッシュポテトでございます。ほんのり香るローズマリーが堪らないまったりと口どけの良いマッシュポテト。

cooの人気メニューだった「お行儀悪いねボロネーゼ」では、ボロネーゼと混ぜ混ぜしてビスケットにon!して食べると最高でした。

お肉に、お魚に、何にでも寄り添ってご馳走にしてくれる最高の付け合わせ、ローズマリー香るcooのマッシュポテトの作り方を紹介します。

ローズマリー香る!マッシュポテトの材料

マッシュポテトの材料

  • じゃがいも(中) 3〜4個
  • 生クリーム 50ml
  • マヨネーズ 大さじ3
  • 塩こしょう 少々
  • ローズマリー 少々
  • 砂糖(茹でる時に使う)水1ℓに対して70g

乾燥ローズマリーは手軽で使い勝手が良いです。

我が家ではベランダでプランター栽培してますが、虫もつかなくて育てるのも楽だし、いろんな料理に使えるのでとっても便利です。

じゃがいもは男爵ならホクホク系、メークインならまったり系のマッシュポテトに仕上がるので、お好みで!

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

今回も簡単すぎて書くことがありません!

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 5
店主

けど美味いからしゃーないな

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

なんでエセ関西弁(笑)

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方

ここからあっという間に出来て美味しく仕上がりますので、ぜひご家庭のスタメンレシピにしてください!

じゃがいもの皮剥いて茹でる

じゃがいもの皮を剥いたら、1cm幅くらいに切っておきましょう。鍋に入れたら、じゃがいもがかぶるくらいの水を入れて火にかけ、竹串がスッと通るくらいまで火を通してザルにあけておきます。

まぜまぜ

水分が切れたらボウルにじゃがいもを移し、熱いうちにゴムベラで押し付けるようにして形を潰していきます。

ローズマリーの香りをつける

電子レンジOKの耐熱容器に生クリームとローズマリーを入れ、レンジでほんのり加熱します。

600Wで20秒ぐらいでしょうか…ご家庭のレンジによって違うと思いますので、ここはレンジから目を離さないように!

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

加熱しすぎるとグツグツと沸騰して風味が飛んでしまうので注意!

マッシュポテト完成へ

じゃがいもの入ったボウルにマヨネーズ、塩こしょう、生クリームを入れて混ぜていきます。生クリームはローズマリーが入らないように茶こしなどで濾しながら入れましょう。滑らかになったら完成!

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

おつかれさま~!ほらもうできた。

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 5
店主

せやけど美味いからしゃーないな

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

いいかげんにしてください!

メインはどうする

マッシュポテトといえば、メインディッシュの付け合わせとして下に敷いてありますよね。

しかもそれがめちゃくちゃ美味しくてお代わりしたくなっちゃったりして。でも今日から自分で作れるのでお代わりし放題です。

cooではもちろん「お行儀わるいねボロネーゼ」

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 17

ボロネーゼというと、パスタかな?そう思う方も多いはず。ミートソースの部分のことで、cooではマッシュポテトと、ビスケットのセットで提供していました。お行儀悪く、混ぜたりつけたり、思い切りよく食べてもらえるようにと店主がネーミングしました。

つまり、付け合わせのようで主食でもあるのです。

甘くて香りも良くてボロネーゼにピッタリでした。是非ご家庭でも、パスタの代わりにいかがでしょうか。

まとめ

今回はローズマリー香るマッシュポテトのカフェレシピをご紹介しました。

朝ごはんにスクランブルエッグと食べても幸せ、ランチにミートソースと食べても良し、豪華なディナーのお供にもなる優れもの。ぜひ一度お試しあれ!

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

店長!今回の記事はどうでしたか?一言お願いします!

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 5
店主

マッシュポテトは本当に簡単で美味しいので、ぜひ作って見てください。

ローズマリー香る!マッシュポテトの作り方 3
まさこ

最後は真面目かい!

この記事を書いた人

内田昌子

内田昌子

相模原生まれ、相模原育ち。

常連客として通っていたcooで拾ってもらい、スタッフになりました。
おいしいものを食べること、おいしいものを作ることが趣味。

2児の母であり、日々のストレス解消に、大好きな音楽を聴きながら小麦粉を捏ねています。

実は管理栄養士