今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力

cooのアパレルの人気を二分する、marbleSUDWafflish Waffle(ワッフリッシュ ワッフル)

2018年秋冬のシーズンを最後に、沢山のファンに惜しまれながらクローズしてしまったこのブランドには、手仕事の温もりを感じるどこにも真似できない魅力が溢れていました。

そんなWafflish Waffleのお洋服を、当店では取り扱っています。ファンの方にはたまらない過去の品番があるかもしれません。

今回はそんなWafflish Waffleのオンリーワンな魅力溢れるお洋服を紹介します。ぜひこの機会にWaffleの魅力を知ってくださいね!

Wafflish Waffleってどんなブランド?

「手仕事の温かみ」を感じる

お母さんが子供にワッフルを作ってあげるような、優しくてふんわりとした温かい想いを物作りに込めたかった…そんな想いから名付けられたブランド・Wafflish Waffle

今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力 1
ベーシックだけどデザイン性のあるシャツは個性がでる

デザイナーで社長でもある田口ふみさんが、自分の子供の為に作った洋服がきっかけとなりスタートしたブランドです。

流行に左右されることのないベーシックなナチュラルテイスト。そこへ遊びごころたっぷりアートな感性を、絶妙にミックスした洋服たちはそのひとつひとつがオンリーワンの輝きを放っています。

今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力 3
まさこ

ワッフルのお洋服は、遊び心あるのに品良くてまさに私のような年齢(現33才)の人でもとっても可愛く着られるんです!ちょっぴりオシャレして出かけたい時にはぴったりの大人カジュアルです。

とにかく着心地が最高。

Wafflish Waffleのお洋服はとにかくこだわって丁寧に作られているので、着心地も抜群。

高品質な生地そして丁寧な作業

今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力 5
ひとつひとつが丁寧でお洒落。

着心地にこだわって作られるお洋服。その生地は天然素材を多く使用縫製カッティングにもこだわって作られています。高品質なので、もちろん着心地は言うことなし!です。

今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力 3
まさこ

スタンドカラーのブラウスを買った時も、首回り苦しかったらどうしよう…って思ってたけど着てみたらまさに絶妙な詰まり具合!全然苦しくないんです!生地も滑らかで手入れも手間いらず。あれ?最高だな?

やっぱりデザインが素晴らしい

なんだかんだ、ベーシックな服を身につけていると落ち着きます。だって、冒険してないし誰からみてもちゃんとしてる。変じゃない、可愛い。でも、なんかもう少し…何か欲しい

そんな方はぜひ、Wafflish Waffleのお洋服を眺めてみてください。

今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力 9
派手じゃない、でもセンスが光る服

同じカットソー生地を縫い合わせてできたラインが個性的

多素材な柄の生地も、控えめに入ることで誰でも着られる気軽さ。

そしてなんと言っても、こういう服はさらっと1枚着ているのが最高にかっこいい

だって、ベーシックなのに誰とも被らないこだわりの詰まった1着だから。

今だからこそ掘りたいブランド・Wafflish Waffleの魅力 3
まさこ

決して背伸びしない等身大の自分を、より良く見せてくれる服。そんな言葉が似合うようなお洋服たちです。

Wafflish Waffleの魅力が伝わったか心配

今回は、Wafflish Waffleのブランド感や魅力について紹介しました。

ワッフルの服って、着てると「それ、なんかいいね」って言ってもらえる事が多いんです。ここがいいね、とか○○だからいいね、じゃなくて、なんかいいねって。

みんな感覚で分かってるんです、多分。この服の質の良さを。

ちょっぴりおめかししてどこかへ出かけたい時。ひとりで気兼ねなくショッピングをしたい時。

誰かと会って他愛もない話で笑い合いたい時。少しだけ頑張りたい仕事の瞬間。

あなたに寄り添って、一緒に居てくれる、そんなお洋服がここにはあります

よかったら、覗いてみてくださいね。

cooのオンラインストアで販売中!Wafflish Waffleのお洋服

この記事を書いた人

内田昌子

内田昌子

相模原生まれ、相模原育ち。

常連客として通っていたcooで拾ってもらい、スタッフになりました。
おいしいものを食べること、おいしいものを作ることが趣味。

2児の母であり、日々のストレス解消に、大好きな音楽を聴きながら小麦粉を捏ねています。

実は管理栄養士