贅沢!サーモンとほうれん草キッシュの作り方

なんでも入れて焼けば美味しくなってしまう不思議な食べ物、キッシュ

たんぱく質と一緒にたっぷりの野菜も入れられるので、1食で様々な栄養が摂れるのも嬉しいところ!そんなキッシュに入れる野菜と言えば、ほうれん草をイメージする方も多いのではないでしょうか。

今回は、メインにほうれん草サーモン、さらに香り高いナッツチーズをたっぷりと使ったキッシュを紹介します!

cooのキッシュレシピの中でも、しっかりと食べ応えがあり男女問わず人気のこのキッシュ。朝ごはんにもぴったりなので、ぜひご家庭でもお試しください。

サーモンとほうれん草キッシュの材料

  • ほうれん草        1〜2束
  • スモークサーモン     1パック
  • ミックスナッツ        50g
  • クリームチーズ       100g
  • cooのアパレイユ      適量
  • cooのキッシュ台       1台

cooで使っているミックスナッツは、ドライフルーツ入りのもの。味に深みが出るのでオススメです。

アパレイユキッシュ台は、別の記事で紹介していますので参考にご用意ください。

サーモンとほうれん草キッシュの作り方

パッと見た時に彩り豊かでとても高級感のあるこのキッシュ!

具材を炒める過程もなく簡単ですので、早速作っていきましょう!

贅沢!サーモンとほうれん草キッシュの作り方 5
ナッツとドライフルーツに、緑とオレンジの鮮やかな色合いがたまらない!

キッシュ台を卵でコーティング

ボウルに卵を割りよく溶きほぐしたら、キッシュ台に刷毛で薄く塗って180℃のオーブンで5分ほど焼きましょう。表面をコーティングする事で生地がべちゃっとせずサクサクに仕上がります。

この時に残った卵は、生クリーム・牛乳・ナツメグを混ぜ合わせてアパレイユを作っておきましょう。

ほうれん草を茹でてカット

ほうれん草は良く洗ってから沸騰したお湯で茹でましょう。この時お湯に少しの塩(分量外)を入れると彩り良く茹で上がります。水にとって冷ましたら、良く絞って水分を切り5cmほどの長さに切っておきましょう。

贅沢!サーモンとほうれん草キッシュの作り方 9
まさこ

ほうれん草は少し固めに茹でましょう。その後オーブンに入れた時にまた火が通ります。

アクを取るイメージで、さっと茹でて良く水分を切っておいてくださいね!

キッシュ台に材料を敷き詰める

敷き詰める順番は、下から ①ほうれん草②クリームチーズ&サーモン③ミックスナッツ の順番で敷き詰めましょう。

クリームチーズは一口大にちぎって、もし柔らかければスプーンですくって入れましょう。

ポイント

このキッシュは上から見た時にしっかりと具材が見えるキッシュです。ぎっしりと、かつ丁寧に敷き詰める事で見た目良く美味しいキッシュに仕上がります。均等になるように具材を置いてください。

アパレイユを注ぎ焼いて完成

オーブンを180℃に予熱しておきましょう。

具材を敷き詰めたキッシュ台に静かにアパレイユを注ぎ、オーブンで20分ほど焼いていきます。

そこから天板の向きを逆さにして、さらに160℃で13〜15分焼いたら完成です。

贅沢!サーモンとほうれん草キッシュの作り方 9
まさこ

アパレイユを注ぐと運びにくくなるので、オーブンの近くに持ってきてからアパレイユを注ぐと良し!焼いている間のワクワクが止まらないですよ!少し冷めてからカットしてね。

朝ごはんにもおつまみにも

今回はcooのカフェメニューでも人気の緑のキッシュサーモンとほうれん草のキッシュを紹介しました。

このキッシュは、野菜がたっぷりで食べても重くないので朝ごはんにもぴったり

そしてナッツのザクザクとした食感が楽しく、スモークサーモンの塩気がおつまみにもぴったりのキッシュです。

見た目にも華やかで食卓の主役になってくれるこのキッシュは、来客時にもぴったり

ぜひホームパーティーのお供に、ご家庭でも焼いてみてくださいね。

この記事を書いた人

内田昌子

内田昌子

相模原生まれ、相模原育ち。

常連客として通っていたcooで拾ってもらい、スタッフになりました。
おいしいものを食べること、おいしいものを作ることが趣味。

2児の母であり、日々のストレス解消に、大好きな音楽を聴きながら小麦粉を捏ねています。

実は管理栄養士