お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方

こんにちは!cooのまさこです。本日は…みなさんお待ちかね、cooのクッキーのご紹介です!

「なんのレシピが知りたいですか?」という問いかけに、一番反響があったのがこのチョコチャンククッキー。

ファンが多く、作るとすぐに売り切れてしまうcooの大人気商品です。

我が家では子供達も一緒になって作るこのクッキー、ぜひご家族みんなで作ってみてくださいね。

チョコチャンククッキーの材料

チョコチャンククッキーの材料(8〜10枚分)

  • 薄力粉 85g
  • きび糖 40g
  • グラニュー糖 7g
  • 塩 ひとつまみ
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • バター 65g
  • 卵 1/2個
  • チョコレート 100g
  • アーモンド 15g
  • バニラオイル 少々

チョコレートは製菓用とかでなくスーパーで売ってるような板チョコで大丈夫です。有塩バターを使う場合は塩を入れずに作りましょう。

チョコチャンククッキーの作り方

バターを常温に戻す

薄く切ってお皿に並べておくと早く常温に戻ります。

乾燥するのでラップを忘れずに。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 1

バターと砂糖を混ぜる

バターをボウルに入れ、ホイッパーで少し慣らしておきます。

そこへきび糖とグラニュー糖を合わせてふるったものを3回くらいに分けて入れ、混ぜ合わせていきます。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 3
お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 5
まさこ

ここがザクザクの食感を作るポイント。バターを滑らかに混ぜすぎないこと!砂糖も多少ジャリジャリしていてOK。

さらに卵とバニラオイルを混ぜる

溶き卵を2回に分けて加え、その都度すり混ぜます。

バニラオイルも加えて混ぜましょう。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 7

粉類を合わせる

泡立て器をゴムベラに持ち替え、ふるった粉類(薄力粉とベーキングパウダー)を一気に入れて、ヘラで押し付けるようにしながら混ぜて行きます。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 5
まさこ

切るようにではなく、押し付けるように!ボウル自体も回して、全体を手早く混ぜましょう

チョコとアーモンドようやく登場

これぐらい(写真)の混ざり具合でいったん手を止め、1cmほどに刻んでおいたチョコと砕いたアーモンドを混ぜる。

ここでも切るようにではなく、押し付けながら粉感を無くしていきます。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 11

ちょっとひと休み

生地全体がぽってりとなったら、ラップに包んで冷蔵庫で1時間以上休ませましょう。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 13
お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 5
まさこ

しばし休憩〜!クッキー作りには意外と時間がかかるんですよ。あとちょっと頑張りましょう

オーブンを予熱する

オーブンを180度に予熱しておきましょう。

クッキーを成形する

1cmほどの厚さに切って天板に並べましょう。

上から押しつけるようにして、5×7cmほどの大きさに伸ばします。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 17
お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 5
まさこ

お子様のお手伝いはぜひここで!ペタペタと好きな形にしてもらいましょう。多少いびつでも大丈夫。焼くと少し大きくなるので、間隔は空けておいてくださいね。

焼いたら出来上がり

180℃のオーブンで14分が目安ですが、写真ぐらいの焼き色が付くまでご家庭のオーブンで様子を見てください。

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 21
お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 5
まさこ

たまらない匂いだ〜!こ、コーヒー!!!

お待ちかね!チョコチャンククッキーの作り方 25

ほんわかウラ話

実は、普段ほとんどクッキーを食べないオーナーのみゆきちゃん。

でも、クッキーを焼くのがとっても得意!

色んなバリエーションを考える時間も、試作するのも大好きなんですって。

最近販売していた”気まぐれクッキー”は、このクッキーの生地にチョコレートとアーモンドを入れずに冷凍しておいたものに、気まぐれでみゆきちゃんが選んだミックスナッツだったり、M&M'sだったりをトッピングして焼いていたんですよ。

cooの基本となるクッキー生地なので、みなさんもご家庭で自分の好みの味をぜひ見つけてくださいね。

おわりに

今回はたくさん工程があって、ちょっと疲れましたね。

でも試行錯誤しながら自分で作ったクッキーは、いつも以上に美味しいはず。

贈り物にもぴったりのこのクッキー、プレゼントにも喜ばれること間違いなし!

自分へのご褒美に、大切な人への贈り物に、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いた人

内田昌子

内田昌子

相模原生まれ、相模原育ち。

常連客として通っていたcooで拾ってもらい、スタッフになりました。
おいしいものを食べること、おいしいものを作ることが趣味。

2児の母であり、日々のストレス解消に、大好きな音楽を聴きながら小麦粉を捏ねています。

実は管理栄養士