絵本について

絵本をつくるきっかけは
ひょんなことからでした。

毎日の生活の中で
漠然とある

これでいいのかな?

という気持ち。

私って、今まで何かを残してこれたのかな?

お母さんとお父さんが誇れる娘だったかな?

誰かを助けたり、引っ張り上げることをしてこれたのかな?

全部出来ていない…
そしてこのままでは、このことを考えるのもやめたいくらい何も出来る気がしない…笑

口だけの人にならずして
どうしたら出来るのか?

自分らしいことって何か?

自分らしいことで
誰かを喜ばすことが出来たら
すごく良いのに…

小さい頃から絵が大好きで
工作が好きでした。

でも、ただ制作物を生むだけでは
自己満足なわけで

誰も喜ばない…

小さい頃からよく
友達に絵をあげた。

今思うと本当恥ずかしいけれど。

大人になってからも、いつもお世話になっている皮膚科の先生へ
どうしても感謝を伝えたくて

絵をあげた。

今でも病院には、小さな子ども達の
“せんせいありがとう”の絵に混ざって
私(大人)のガチの絵が飾ってある。

そうです。


今でも絵を何かっていうと人にあげている。

おめでとう!とか
ありがとう!とか

そんな気持ちで作るのは
本当に楽しく、幸せな気持ちになります。

で、何故マグネット絵本なのか?

それについてはまた書きます。

長文失礼致しましたm(__)m


長文失礼致しましたm(__)m